温活グッズ~手首から温めるおしゃれグローブ13選

季節の変わり目になると風邪をひいてしまうこと、良くありますよね。手首を温めると脳がリラックスして副交感神経優位になり免疫力がアップします。洋服選びに困る季節には、簡単に着脱できる手首を温めるグッズを常備して、上手に冷えを予防しましょう!

下腹部を温める薄手のハラマキやあったか素材の下着で体幹を温めることは常識として、おでかけに常備したいのが3つの首(手首・足首・首)を温めるグッズ。今回は洋服から出ていることが多い「手首」がテーマです。

手首を温めるグッズ

手首には上半身の温度調節に深く関わる「陽池」というツボがあります。ここを温めると、指先まで血行が良くなり手がポカポカするのを実感できます。ただし、長時間温めると頭がのぼせる可能性あり。脳もリラックスするので仕事等で集中したい時は向きません!そのため、簡単に着脱できるグッズを常備して調節するのが一番。ここからは、おしゃれを楽しみながら冷えも予防できる手首温めグッズをご紹介します。

手首を曲げるとできるシワの上にあるツボ陽池を温めるのがポイント

温めながらオシャレを楽しむフィンガーレスグローブ

フィンガーレスグローブとは、指の部分が隠れていない手袋のこと。
手の冷えに関係する「陽池」「大陵」「神門」「老宮」「指間穴」「虎口」を包んで温めつつ、スマートフォンなども操作しやすい形で、室内でも屋外でも活躍します。ただし、睡眠時には熱が発散できず安眠を妨げますのではずしましょう。

様々なタイプのフィンガーレスグローブをご紹介します。

リッチな毛皮のフィンガーレスグローブ

大人女性もファッションとして楽しめるリッチな素材のフィンガーレスグローブ。

出典:http://store.united-arrows.co.jp/shop/hby/goods.html?gid=23793263

ファー付きフィンガーレスグローブ

ファーがついた親指だけが独立しているタイプ。

手の冷えに関係する「陽池」「大陵」「神門」「老宮」「虎口」を包んで温めます。

大人も使えるレザーとファーのデザイン

出典:http://www.salon-de-alfurd.jp/

ネイルアートが美しく栄え、スマートフォンも操作しやすく女性に人気。

出典:http://www.nary.jp/product/3265

ふわふわ系フィンガーレスグローブ

は、上記5つのツボに加えて、指の股にある4つのツボ「指間穴」も温めるので強力な温めアイテムに。

手触りの良い素材だと、リラックス効果もプラスされて更に効果的!

出典:https://www.rakuten.co.jp/shunon/

 

かっこいい系フィンガーレスグローブ

出典:https://wowma.jp/item/245471405?l=true%26e%3DllA%26e2%3Dlisting_flpro

 

ハード系フィンガーレスグローブ

レザーを使用したハード系フィンガーレスグローブ。

ドライビンググローブは夏場でも蒸れずに動きやすくフィット感を重視した機能的なデザインが多いため、アクティブな方にぴったり。

出典:https://item.rakuten.co.jp/degner/tg-31mh-bk/

花嫁さんのフィンガーレスグローブ

フィンガーレスグローブといえば花嫁さん。

結婚式のために高級なフィンガーレスグローブを購入したけれど、タンスにしまいっぱなし・・という方は、冷え対策にお部屋で活用してみては?薄手のシルクやオーガンジータイプが多いので、夏場のクーラー対策にも使えます。

出典:https://item.rakuten.co.jp/mariee/g51/

手首を温めるリストウォーマー

リストウォーマーとは、手首に集中している血管からの放熱を防ぎ、冷えを予防する温めグッズです。

ポイントは手首の脈を測るときに使う血管橈骨動脈の他、橈側皮静脈、尺側皮静脈、手背皮静脈などを保温性のあるもので包むことです。ただし、スポーツ用などで手首が強くしまってしまうものは血行が悪くなり逆効果になることもあるので、ゆるめのものを選びましょう。

リストバンド

http://re-present.jp/listband/

東洋紡の吸湿発熱素材「モイスケア」を使ったアームウォーマー

https://item.rakuten.co.jp/bone1/d0003732/

レッグウォーマーをアームウォーマーとしても活用できるので、100円ショップや靴下専門店などで幅広く選ぶことができます。アームウォーマーを選ぶポイントは、手首のツボ「陽池」からひじの曲げる部分に近いツボ「手三里」までしっかり包み込む長さです。

バンダナ&スカーフ

外出先でも手首にくるっと巻き付けるだけで、ファッションアイテムにもなる布小物。バンダナやガーゼハンカチ、ミニスカーフなどいつもバックにしのばせておくと重宝します。

バンダナで手首を温める!

https://i-see.in/articles/6640

手首の甲側(結び目側)に使い捨てカイロを入れて「陽池」を温めると強力な温めグッズに!

ミニスカーフで手首を温める

シルクのミニスカーフをアクセサリー感覚で。シルクの肌触りと保温性で効果的な冷え対策になり、気温にあわせていつでも着脱できる便利アイテムです。夏から秋にかけては袖口がひらいたデザインが多いので、ミニスカーフで保温すれば首肩のコリも予防につながります。

https://baila.hpplus.jp/fashion/f_matome/389

レンジでチンでポカポカ!天然ハーブピロー

こちらは天然フラックスシード(亜麻の実)を使ったハーブピロー。レンジで1分チン!でホッカホカになり、自然な温かさが持続します。

ストレスでなかなかリラックスできず、いつまでも指先が冷たい時には、これくらい強力に温めると心地よい眠りにつけますね。

足首兼用です。

出典:ハーブピローla luneオンラインショップ

 

マフバック

マフとは17世紀頃に流行した防寒具で、円筒形の両端から手をいれて温めるもの。

出典:ウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/

じっとしている場合には良いけれど、現代にはちょっと不向き。

そこでバックとマフが融合した素敵なアイテム「マフバック」をみつけました。

出典:https://www.the-sankyo.com/

着脱の手間がいらないなんとも便利なアイテムですね

手を温めたい時の使い捨てカイロを貼る場所は?

屋外で大活躍の使い捨てカイロ!アウトドアやスポーツ観戦など長時間冷える可能性がある時は、手を温めたいと思っても手に持ったり貼ったりするのではなく体幹部の「仙骨=おしりの割れ目の上のベース型の骨」と「おへそ」に下着の上から当てるのがオススメです。

仙骨を温めると骨盤内の血行が良くなり、腰、子宮、腸が温まります。おへそを温めると、腹部大動脈という大きな血管を通る血液が温められ全身に送られるので、体幹が早く温まります。体幹部に充分体温があると脳が認識してはじめて手先、足先まで血流が促されるのです。

ただし、室内での長時間の使用や就寝時は体温調節機能が乱れるので使い捨てカイロの使用はやめましょう!⇒使い捨てカイロで冷え性が悪化?長期使用が危険な5つの理由

まとめ

いかがでしたか?手首を温めることは脳をリラックスさせること。脳がリラックスすると副交感神経優位になり免疫力がアップします。

ただし長時間手首を温めているとのぼせてしまう可能性があるので、着脱が簡単な手袋やスカーフなどをカバンに常備しておくのがオススメです!

今日からバックに手首温めグッズを持ち歩いて、冷えと風邪を上手に予防しちゃいましょう!

 

文:一般社団法人日本エナジーハンド協会 宝官明子