ハンドバスをキッチンで楽しむ5つの簡単温活術

ハンドバス(手浴・しゅよく・てよく)とは、手のお風呂。指先から手首または肘までをお湯につけて血行を促進する部分浴です。

フットバスと違ってほんの5分でも効果を実感できるハンドバスは脳のリラックスにとても効果的です。

おしゃれな道具がなくても、キッチンにあるもので今すぐ楽しめる5種類の簡単温活ハンドバスをご紹介します!

ハンドバスに期待できる効果

眠っている間に毛細血管は修復される

・安眠効果(寝付きをよくする、睡眠の質を高める)

・指先まで毛細血管を増やすために(ゴースト血管の予防・修復)

・脳のリラックス(ストレスを減らしポジティブマインドへ)

・手指の清潔を保つために(看護・介護・子育て)

・指関節の血行を促して痛みの予防に

・手荒れを防ぐために

・首肩のコリを和らげるために

キッチンor洗面所でハンドバスをおこなうメリット

簡単、手軽が一番!

  • キッチンにあるものでできちゃう!
  • 準備と片付けが簡単!
  • 重いお湯を運ばなくてOK!
  • お湯が冷めてきたらすぐに足し湯ができる!

 

ハンドバスの基本的なやり方

準備:キッチンまたは洗面所でおこなうハンドバスに必要なもの

  • 手首の上5cmまでつけられる深めの洗い桶(またはホウル、洗面器、食器カゴ、鍋、深皿などなんでもOK)
  • ビニール袋
  • お湯
  • タオル
  • 保湿効果のある入浴剤(5パターンご紹介します)

基本的なハンドバスの方法

①キッチンまたは洗面所の室温を25度前後にして急な温度変化で心臓に負担がかからないようにしておきます

②少し深めの洗い桶や食器カゴ、ボウル、鍋、深皿、などに少し熱め(40~42度)のお湯を入れる(手首の上5cm以上つけられる深さ)

④保湿効果のある入浴剤を入れる(5種類を下記でご紹介しています)

⑤手首の上までお湯につけて目を閉じて深呼吸!

目を閉じることで脳への情報の8割をシャットアウトできます。お湯の温かさを肌でじっくり感じて、熱が全身にめぐるようにイメージしましょう。お湯の中でハンドマッサージするのもオススメです。

5~10分ほどで温まったと感じたら、タオルでお湯をふきとります。指の股はとくに念入りにふきます。

ハンドバスの入浴剤はキッチンにあるものでOK!

①上白糖 小さじ2杯

お砂糖には、床ずれの治療に使用されるほど保湿効果があるのをご存じですか?塩にくらべて皮膚への刺激も少なくアレルギーがある方も少ないと思います。ミネラルたっぷりの色のついた糖類は食用としては素晴らしいですが、スキンケアとしては雑菌の繁殖を助けてしまう可能性もあるので、スキンケア用に選ぶなら上白糖にしましょう。また、暑い地域(沖縄)のサトウキビ由来の上白糖より寒い地域(北海道)の地中の食物が原料の甜菜糖のほうが「温め」という点では良いかもしれません。こだわる方は甜菜糖(白)をどうぞ。マッサージに使わないのなら、角砂糖やグラニュー糖でもできなくないです。今キッチンにあるお砂糖で、水仕事で荒れた手肌を優しく包むお砂糖のしっとりパワーを感じてみてくださいね。

②天然塩 大さじ1杯

精製されていない天然塩には、ミネラルが豊富に含まれているものが多くあります。岩塩、海塩など、どちらにしてもカリウムやマグネシウムが多いものには体内にたまった余分な水分を外に出すというデトックス作用が期待できます。指がむくむ方、使いすぎる方に向いていると思います。皮膚に傷があると痛むので、角質に問題ない方にオススメします。天然塩をしめらせてスクラブにして優しくマッサージすると、ツルツルすべすべを更に実感することができます。強くこすると逆効果なのでご注意を・・

③重曹 小さじ2杯

重曹は市販されていているほとんどの入浴剤の主成分です。毛穴の汚れを取り、古い角質のターンオーバーを助け、血行を促進します。重曹1に対しクエン酸0.5を混ぜてお湯に入れると、発砲入浴剤(バスボム)になり更にクレンジング効果と血行促進効果が高まります。お掃除用として使われている方も多いと思います。お掃除用には不純物が含まれていることもあるので、敏感肌の方はご注意ください。通常、スキンケア用には化粧品グレードを使います。

④天然はちみつ 大さじ1杯

天然はちみつには肌の抗菌作用を持つものも多く、その高い保湿作用で知られています。はちみつ入浴剤もたくさん市販されています。上白糖+はちみつ、天然塩+はちみつ、重曹+はちみつ、のいずれも相性がよく、ブレンドしたものをお湯で溶いてシャーベット状にすると素晴らしいスクラブ剤になります。

⑤お酒 大さじ1~2杯

日本酒、焼酎、ワイン、どれでも天然醸造であればOKです。アルコールは血管を拡張して血行を促進する作用があるので温活にぴったりです。お肌もしっとりもちもちになります。

ハンドバスの注意点

・お湯が高温にならないように注意(50度で2分、46度で30分で低温火傷の可能性)

・発熱、急性の炎症、乾いていない傷がある時は注意しましょう。(セルフケア以外では禁忌です)

まとめ

いかがでしたか?キッチンで一日の洗い物をすませて、そのままボウルにお湯をはって手をつけるだけで質の良い眠りができたら素晴らしいと思いませんか?

・安眠のために

・指先まで毛細血管を増やすために

・脳のリラックスのために

・手指の清潔を保つために(看護・介護・子育て)

・指関節の血行を促すために

・手荒れを防ぐために

・首肩のコリを和らげるために

キッチンや洗面所で簡単にできる方法をご紹介しました。

手軽でありながら、お湯の中に入れる入浴剤をかえることで、あらゆるお悩みを解決することができる楽しいホームケアの技術です。

ハンドバスで指先まで血流が良くなった状態で眠ることで、ゴースト血管の修復も期待できます。毛細血管を増やして冷えを改善するだけでなく、美肌効果、加齢による関節の痛みなども緩和が期待できます。

これからどんどんハンドバスにオススメの入浴剤をご紹介したいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

 

文:日本エナジーハンド協会 宝官明子